製品情報

硬度・機能での分類

軟質フィルムの場合、可塑剤部数を硬さ(表面硬度、および全体の柔軟性)の指標としており、その多寡でフィルムを一般軟質、半硬質に分類します。
可塑剤部数のいかんで、引張強さ・伸び・引裂強度などのフィルム物性をおおよそ判断でき使用時の耐久性、裁断や折り曲げなどの二次加工性の参考にします。
※PVC100に対するDOPの割合を部数(PHR:Per Hundred Resin)で表現する。

軟質フィルム・シート

一般的な重合度のポリ塩化ビニール樹脂(PVC)をベースに可塑剤を30部から100部以上の範囲で添加したタイプのフィルム・シートです。
求めるシートの柔軟性やショア硬度、機械特性を考慮して可塑剤の種類と比率を決定し、必要に応じて他の機能を付与します。
可塑剤比率を高めれば、より柔らかくなって高い伸び率や柔らかな手触りを得ることが出来ます。逆に可塑剤を減らせば硬くなって機械特性、剛性が高まり、硬質塩ビの風合いに近づいていきます。
PVC樹脂の重合度を上げればさらに多くの可塑剤や添加剤をホールドできます。これを応用し、たとえば同一のショア硬度になるまで可塑剤を増やせば、強度を下げずに高い伸び、ゴム弾性を確保できます。
このように塩ビの柔軟性、硬度選択は自由自在です。
自己消火性、耐久性という塩ビの最大の長所を生かしつつ、個々のニーズに適合する配合を設計し、そのうえで、サイズ制御、目視と計器による平均厚みや形状管理、表面管理を行い、シボ付け(エンボス加工)をほどこし、弊社独自の検査手法を加えてフィルム・シートを生産しています。

バランスボール
バランスボール
バーチカルブラインド
バーチカルブラインド

硬さ 30~110PHR
製品厚み 0.06~0.5mm
製品幅 700~2180mm
着色 自由
意匠性 自由
用途例 ターポリン、アコーディオンドア、他建築資材、テープ・マスキング基材、他産業資材、冷却枕、玩具、日用品

可塑剤部数とショア硬度、フィルム特性

標準的なPVC(重合度1000)のとき、DOP配合部数が80部、60部、45部、30部なら、ショアA硬度はそれぞれ、60、70、80、90となります。
工業用途ではショアAを柔軟性の判断とすることが多いため、以下に、同一のショアA硬度(同一の可塑剤部数)における軟質塩ビフィルムのモジュラス、伸び、引張強度、引裂強度の相関を示します。

※PVCを100としたときのDOPの割合を部数という。

ショアA硬度60 ショアA硬度70 ショアA硬度80 ショアA硬度90
測定項目 方向 DOP 80部 DOP 60部 DOP 45部 DOP 35部
100%モジュラス
(N/cm2
525 750 1200 1700
475 675 1125 1575
伸び
(%)
380 360 325 300
400 350 300 280
引張強度
(N/cm2
1850 2300 2500 3250
1650 1950 2200 2900
引裂強度
(N/cm )
475 625 750 1075
475 600 700 1100

試験方法:JIS K6732 試験温度:21±2℃
注)上記の値は弊社測定例であり保証するものではこさいません

同一重合度のPVCを使う場合、可塑剤が多いほどショアA硬度は低下しフィルムの柔軟性はたかまりますが、フィルム強度は低下します。
また同一粘度の可塑剤を使う場合、より強度を出すにはPVCの重合度をあげる必要がありますし、柔軟性を重視するならPVCの重合度を下げればよいわけです。
製品の設計においては、フィルムの柔軟性・手触り・風合いと、強度とがバランスするような硬度のみきわめがカギになります。
タツノ化学は、可塑剤、PVC、各種添加剤の適切な組合わせを考えて、ニーズにフィットした製品を設計しています。

軟質系ポリオレフィン系シート ミデア®

カレンダー法による単層シートであり軟質塩ビシートの硬度50PHRに相当するソフトな風合いです。
EVA(エチレン-酢酸ビニル共重合体)を主成分とした軟質ポリオレフィンシートです。

製品厚み 0.15mm~0.40mm
最大幅 1400mm程度

当社では1978年からポリオレフィン系シートであるタフパー®のカレンダー生産を開始しています。
そのポリオレフィンの配合・加工技術を応用して、軟質系ポリオレフィン系シート ミデア®の生産を1998年より開始しました。
EVA樹脂をベースに高周波溶着適性を考慮した設計であり、一般塩ビより10度以上低い低温柔軟性を有するため寒冷地においても全体の柔軟性や風合いが大きく変化することはありません。またEVA特有の酢酸ビニル臭を抑制しています。
PVC樹脂と異なり極性基を持たないため、そのままでは印刷は出来ません。そこでコロナ処理によって、ぬれ指数(Dyne数)を向上させ、印刷を可能にします。
より精緻な印刷柄や高い接着性を求める場合には、表面処理タイプも用意しております。

一般機能

高周波溶着適性 通常のオレフィンシートより溶着に優れます
耐寒性 優れた低温耐性を発揮します
ABS・PS非移行性 蒸散成分をふくまず、べたつきや移行がありません
着色・エンボス自由 軟質PVCと同様に色調、梨地等の多様な対応が可能です

特殊機能

コロナ処理、表面改質処理 塩ビ同等の印刷適性を有します
難燃タイプ 濃色に限定しますが、FMVSS(米国自動車安全基準)に準拠します
用途事例 雑貨/看板/手袋、業務グローブ/農業用/車輌用マット

注)ミデア®は原料EVA樹脂から環境極少量の酢酸が発生し、空気質など周辺環境によっては金属等を腐食させる場合があります。
※安全衛生関連法規
・食品衛生法・食品、添加物等の規格基準(昭和34年厚生省告示第370号)
・ポリエチレン及びポリプロピレンを主成分とする合成樹脂製の器具又は容器包装(昭和57年厚生省告示第20号)
上記の基準に適合します。


スペック表

測定項目 方向 測定値 塩ビシート 試験方法
100%モジュラス
(N/cm2
645 770 JIS K6732に準拠
試験速度:50mm/min
試験温度:21±2℃
550 720
伸び
(%)
665 330
670 340
引張強度
(N/cm2
3300 2840
2700 2400
引裂強度
(N/cm )
515 800
515 750
耐寒性
(℃)
- -40以下 -30以下 JIS K6772に準拠

注)上記の値は社内(測定)値であり、保証するものではありません

半硬質フィルム・シート

比較的重合度の低いポリ塩化ビニールをベースに、可塑剤を7~30PHR配合した硬めのフィルム・シートです。
重合度が低いPVCを使用するため、一定の柔軟性や硬度を得たいとき、一般軟質フィルムに比べて可塑剤は少量ですみます。
合板化粧フィルムなどの建築資材として使われる場合、実際には、機械強度、裁断性、張りあわせ、印刷適性を考慮して、高い硬度を選択します。
軟質フィルム・シートと同様にニーズにより添い、必要に応じて様々な添加剤を工夫します。

化粧合板

硬さ 7~30PHR
製品厚み 0.07~0.5mm
製品幅 700~1450mm(これ以上はご相談)
着色 自由
用途例 床材、建材、印刷用フィルム

半硬質フィルムの機械特性

測定項目 方向 硬度25PHR 硬度16PHR 硬度7PHR
100%モジュラス
(N/cm2
2150 3050 2950
2000 2550 2650
伸び
(%)
300 235 260
295 245 240
引張強度
(N/cm2
4050 4000 4850
3600 3450 3750
引裂強度
(N/cm )
1250 1550 1550
1150 1300 1400

試験方法:JIS K6732 試験温度:21±2℃
注)上記の値は弊社測定例であり保証するものではございません

ポリオレフィン系シート タフパー®

カレンダー法によって生産された単層シートであり合成紙のような風合いを持ちます。
ポリエチレン樹脂を主成分とし、特殊無機物を添加したポリオレフィンシート・フィルムです。

タフパー®は1978年にトーヨータフパー社より製造・販売を継承して以降、一貫してカレンダーにて成型しているポリオレフィン系シート・フィルムです。
ポリエチレン樹脂に特殊な無機物を添加する事で剛性(風合い)が異なり、用途等によってグレードをご用意させて頂いております。

タフパー®はPVC樹脂の様に極性基を持たない事から、そのままでは印刷・接着する事が出来ません。
その対応としてインラインにてコロナ処理を行う事で印刷・接着用途に使用する事が出来ます。
また、より詳細な印刷や高密着性をお求めの際には表面処理タイプもご用意しております。
コロナ処理・表面処理共に片面・両面に対応しております。

機能

耐引裂き性 単層のため層間剥離が起きません
着色 色は白・淡色系、その他はご相談下さい
コロナ処理 印刷適性
表面処理 印刷適性

用途

商業印刷 ポスター、ステッカー、看板、地図、すだれ
印刷用粘着加工紙  
特殊紙 ラベル類、台紙類、荷札、カード類、タグ類、トレー類
化粧材 ドアー等の合板建材、家具
リジッドな壁紙

配合グレード

TK 汎用
EGH 真空成型用 高温伸びを重視したアロイ組成です
FHA 高剛性 特殊無機物を添加しています
BF 高剛性 特殊無機物を添加しています
NF 難燃グレード 特殊無機物を添加しています

表面処理グレード

ADI 建材などの印刷用に適しています
JEX 印字、筆記特性が向上し、インキ・接着剤の選定幅が広がります

準拠する安全衛生法規

TK(シロ) ・食品衛生法・食品、添加物等の規格基準(昭和34年厚生省告示第370号)
・ポリエチレン及びポリプロピレンを主成分とする合成樹脂製の器具又は容器包装(昭和57年厚生省告示第20号)
上記の基準に適合します。
TK(シロ)
及び
FHA
ポリオレフィン等衛生協議会
ポリオレフィン等合成樹脂製食品容器包装等に関する自主規制基準
ポジティブリストに合致
NF MVSS対応
FMVSS(米国自動車安全基準)に準拠

スペック表

測定項目 方向 TK EGH FHA BF NF TK
表面処理
試験方法
伸び
(%)
735 670 100以下 730 925 750 JIS K6732準拠
試験速度
50mm/min
試験温度
21±2℃
780 600 100以下 790 945 700
引張強度
(N/cm2
5300 3400 2300 2850 4000 4000
3000 2000 2050 1800 3000 2250
引裂強度
(N/cm )
1900 1400 500 1300 1200 1550
1500 1100 950 750 1050 1200

注)上記の値は弊社測定例であり、保証するものではございません

  厚み ゴム
MIN MAX MAX
TK(P) 0.08 0.45 約1350 白・淡色・黒 新梨地
0.8
320M/S
EGH 0.3 0.7 約800
FHA(P) 0.2 0.3 約1200
BF 0.19 0.25 約1300 淡色
NF(KM) 0.13 0.2 約1050 白・黒

特殊フィルム・シート

特定の期待性能に特化した機能を有するフィルム・シートです。
軟質・半硬質フィルムをベースに、塩ビ樹脂、可塑剤、添加剤、顔料の組み合わせにより、多様な機能を付与します。

スクリーン
ユニットバス

機能 用途例 機能 用途例
非移行性 ケース類、屋根材、ウィンドウフィルム、粘着テープ 低収縮 積層シート類、書類入れ
耐寒性 寒冷地ターポリン・マット、冷却枕 無毒性 メディカルケア製品
耐熱性 電器マット、面状発熱体 抗菌 文具、ブラインド、壁・床材料
難燃性 消防法適用品、車輌テープ、防炎幕、スクリーン、インタビューバック 防黴 壁・床材料、冷却枕、雑貨
高弾性 高弾性玩具、水産合羽、血圧計、合羽 導電性 各種導電床材
耐油性 作業エプロン、ラゲッジマット 帯電防止 静電気防止床材料

お見積もりや各種ご相談を承ります。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP